>>トップへ
日時  会場  チケット  STAFF&CREDIT  お問い合わせ  出演団体紹介






チラシ拡大


演劇集団キャラメルボックス
梅棒
柿喰う客
劇団「地蔵中毒」
吉祥寺シアター演劇部 
作・演出:堀越涼(あやめ十八番/花組芝居)
Mrs.fictions



 8月
  23日(水)     19:30〜
  24日(木)    15:00〜 / 19:30〜
  25日(金)  ★11:00〜 /  15:00〜 / 19:30〜
  26日(土)  ★11:00〜 /  15:00〜 / 19:30〜
  27日(日)
 13:00〜 / 17:00〜

(★追加公演)

※終演後、「おわりの会」を行います。

おわりの会とは…終演後もお客様になるべく長く劇場という空間を味わっていただくため、劇場を開放する時間です。 毎回参加団体等からゲストを招き、トークセッションも行います。

アフタートークゲスト
23日(水) 19:30 キャラメルボックス
24日(木) 15:00 柿喰う客
  19:30 仲村和生(キャラメルボックス チーフプロデューサー)
25日(金) 15:00 梅棒
  19:30 柴幸男(劇作家・演出家・ままごと主宰)
26日(土) 15:00 劇団「地蔵中毒」
  19:30 Mrs.fictions
27日(日) 13:00 吉祥寺シアター演劇部
  17:00 大川智史(吉祥寺シアター 制作)


※追加公演では「おわりの会」を実施いたしません。




吉祥寺シアター アクセス
http://www.musashino-culture.or.jp/k_theatre/
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-33-22
(JR中央線・京王井の頭線吉祥寺駅北口下車徒歩5分)




前売 4000円 当日4500円(全席指定)
高校生以下 1500円(枚数限定・要学生証)

5月20日(土)10:00 チケット先行発売開始 (6月3日23:59締め切り)
6月24日(土)10:00 チケット一般発売開始予定




カンフェティチケット
http://confetti-web.com/15mm_anniv

チケット購入の購入の流れはこちら

※ご購入いただく為にはカンフェティの会員登録(無料)が必要となります。
※ご予約後、セブン-イレブン店頭にてチケットをお受け取りください。(手数料216円/1枚当り)


カンフェティチケットセンター 0120-240-540 (平日のみ 10:00〜18:00)
(電話予約でのご購入の場合、会員登録の必要はありません)




照明:南香織(LICHT-ER)
音響:田中亮大(Paddy Field)
舞台監督:本郷剛史
総合演出:Mrs.fictions
舞台美術:坂本遼
宣伝美術:藤尾姦太郎(犬と串)
写真撮影:kirin
フライヤーモデル:深谷由梨香(柿喰う客)
映像:松澤延拓
映像撮影:篠原雄介
制作・主催:Mrs. fictions



E-MAIL info@mrsfictions.com








演劇集団キャラメルボックス
http://www.caramelbox.com/

 1985年創立。脚本・演出のほとんどを成井豊と真柴あずきが担当。ファンタジー作品、タイムトラベル物、60分のハーフタイムシアター、時代劇、小説や映画の舞台化など、ジャンルの枠にとらわれない多彩なレパートリーを持つ。“人が人を想う気持ち”をテーマに、誰が観ても楽しめるエンターテインメント作品を目指している。



梅棒
http://umebou.daa.jp/

 J-POPや懐メロなどのヒット曲にのせ、「演劇×ダンス」という独自のスタイルでダンスコンテストに挑戦し、数々の賞を受賞。近年では劇場での公演を中心に活動。
 演劇、ダンス、音楽ファンなど、様々なエンタメ好きの方に好評を博す、新進気鋭のダンスチーム。




柿喰う客
http://kaki-kuu-kyaku.com/

 「圧倒的なフィクション」の創作を標榜する演劇集団。演劇特有の虚構性を重視した、躍動感あふれるパフォーマンスが特長。古典作品のアダプテーションや他アーティストとのコラボレーション、様々な地域でのアーティスト・イン・レジデンスにも取り組むなど、活動のスケールは広がり続けている。 2006年1月1日結成。




吉祥寺シアター演劇部
http://www.musashino-culture.or.jp/k_theatre/

 中高生が講師の演出家・劇作家と共に作品創作を行う吉祥寺シアターの演劇ワークショップ。今年は、あやめ十八番/花組芝居の堀越涼と、一ヶ月前は他人同士だった高校生たちがひとつの作品を創りあげます。汗と涙と疲労と驚きと緊張と勇気と希望と充実が詰まった演劇の夏。このメンバーにしかつくれない15分を見届けてください。




劇団「地蔵中毒」
https://g-chudoku.jimdo.com/

 2014年旗揚げ。徹底的なまでに観客に何も残さないそのスタイルは、「意味がわからなった」「家に帰っても何一つ思い出せない」「人前でやるということについて考え直したほうがいい」等々多くの称賛の声があがっている。
 「3秒しか出てこない小道具の作成に2週間を費やす」など力の入れ具合の間違い方には定評がある。




Mrs.fictions
http://www.mrsfictions.com/

 2007年、舞台芸術の創造と発展を目的に活動を開始。舞台芸術を『関係性の芸術』と 捉えた作品を製作している他、観客と集団、集団と集団の繋がりを重要視し、それらの『関係』を より密なものとする為の創造を行っている舞台製作者集団。 『人と人は出会わなくてはならない』という理念の下、『15 Minutes Made』を主催する。


Copy right うんにゃらかんにゃら.....